2016年8月12日金曜日

Gaya Berhitung Ala Jakarta ジャカルタ式値段の言い方

Satu Cepek Jigo kalo beli dua cuma Nopek doang!
ひとつやったら125円やけど、ふたつ買うてくれたら200円でええで!
http://www.kompasiana.com/deditaba/menghitung-duit-ala-jakarta_5512a9428133116179bc5fac
 
Warga Jakarta memang punya keunikan tersendiri dalam melakukan 
perdagangan, Walaupun bukan orang Cina tetapi sudah menjadi tradisi 
untuk melakukan perdagangan dengan bahasa Cina (Hokian). Bagi Anda yang 
ingin tinggal atau berencana ke Jakarta maka anda harus memahami bahasa 
gaul ini jika tidak anda akan terbengong malah mungkin bisa dikibulin. 
Sebutan cepek misalnya lebih populer untuk menyebut uang dengan nilai 
nominal Rp100 dari pada seratus rupiah, atau Gocap untuk lima puluh dan 
lain-lain. Gaya berhitung ala Jakarta ini dapat ditemukan mulai dari 
pedagang kaki lima sampai dengan pedagang di Mal Mangga Dua, Pasar Baru, 
Glodok hingga Seantero Jakarta. Maka disarankan agar pendatang baru 
untuk dapat menguasai gaya berhitung ini. berikut panduan dalam 
berhitung dagang ala warga Jakarta: Nilai = sebutan 25 = Jigo, 
50 = Gocap, 100 = Cepek, 125 = Cepek Jigo, 150 = Pek go, 200 = Nopek, 
225 = Nopek Jigo, 250 = Nopek Go, 300 = Sapek, 500 = Gopek, 1000 = Seceng


doang(ジャカルタ方言 = hanya, saja 
(例文)Malam ini kita disuguhi kopi doang tanpa kue.
今夜はお茶うけのお菓子もなくコーヒーだけ出してくれはった。
suguh もてなす ごちそうを出す
suguh = menghidangi  
menyuguhkan = menghidangkan kepada
disuguhi = dihidangi
warga kota 市民
keunikan = ke + unik + an unik(= 英語 unique)ユニーク
bahasa Cina (Hokian) 中国語(福建語)
gaul 付き合い 社交
terbengong(ジャカルタ方言 ぽかんとする
bengong(ジャカルタ方言 だまり込む
mengibul だます  kibul だまし、うそ
dikibulin = ditipu だまされる
nominal(英語) 額面の
ala ~式の 
hitung 数える 計算する
saran 提案  → menyarankan 提案する
pandu 道案内 → panduan ガイド
 
ジャカルタ市民は商取引を行う際、独特のユニークさがもちろんある。中国人ではないけれど、中国語(但し北京語ではなく福建省の方言)で商取引をするのが伝統になってしまった。ジャカルタに住むか行く予定があるなら、その言葉が分からずぽかんとしたり、それどころか買い物でだまされたりしないように、この日常よく使われる言葉を覚えなければならない。例えば、100ルピアなら「スラトゥス・ルピア」と言うより「チェッペ」(= 福建語で壱百)と言うことのほうが多い。50ルピアなら「リマプル」より「ゴチャップ」(= 五十)と言う方が多いなどである。ジャカルタ式の数字の呼び方は、道端の露天商からマンガ・モール2、パサル・バル、グロドック、セアンテロ・ジャカルタまで通用する。したがって、新しくジャカルタに来た人は、買物の際、この数字の呼び方が分かるようにしたほうがよい。ジャカルタ市民風の値段の数字の言い方のガイドは次のとおりだ。
 
数字 = 発音・言い方
25 = Jigo 
50 = Gocap 
100 = Cepek 
125 = Cepek Jigo 
150 = Pek go 
200 = Nopek 
225 = Nopek Jigo 
250 = Nopek Go 
300 = Sapek 
500 = Gopek 
1000 = Seceng
 
(Terjemahan oleh Yamada  翻訳 山田)