2016年6月27日月曜日

Karangan 5 作文課題(宿題)五 (18/6-76)

1.  ハサンのおとうさんは雑貨店を経営しています。
     Ayah Hasan berkedai kelontong.


2.  店はそんなに大きくありませんが、色々なものを売っています
     Kedai itu tidak berapa besar, tetapi bermacam-macam barang dijualnya.
     Kedainya tidak berapa besar, tetapi dijual bermacam-macam barang.


3.  大勢の人がそこへ買物にやって来ます。
  Banyak orang datang berbelanja ke sana.


4.  その店の左隣りに自転車屋があります。
  Di sebelah kiri kedai itu ada toko sepeda.


5.  そこでは色々な種類の自転車を売っています。
  Di sana dijual bermacam-macam sepeda.


6.  日本製の自転車も売っています。
  Sepeda buatan Jepang dijual juga.




2016年6月19日日曜日

Karangan 4 作文課題(宿題)四 (4/6-76)

1.  今日は土曜日で、日曜日ではありません。
     Hari ini hari Sabtu, bukan hari Minggu.


2.  私はいつものように学校へ行きました
     Seperti biasa saya pergi ke sekolah.


3.  あしたは私は池袋へ靴を買いに行きます。
  Besok saya pergi membeli sepatu ke Ikebukuro.


4.  私は弟や妹を連れて行きます。
  Saya menyertakan adik saya yang laki-laki dan yang perempuan.


5.  池袋の靴屋では色々な種類の靴を売っています。
  Di toko sepatu di Ikebukuro dijual bermacam-macam sepatu.


6.  そこで売っている靴は大体出来がよくその上値段もやすい。
  Sepatu yang terjual di sana kebanyakan buatan baik lagi harganya murah.



この6番目の問題が意外に難しく、いくつかの違った文が出ました。いずれも正解で、麻生くんのがいいと藤本先生は言ってました。ちなみに上記は山田のです。先生添削済みです。全日制で2年間の学校のインドネシア語1年のクラスの人数は12名でしたが、2年後卒業できたのは3名でした。インドネシア語が難しいからではなく、なぜ自分がインドネシア語を勉強しているのかわからなくなり、やめてしまうみたいです。私は学校が面白かったので卒業できました。


<麻生くん>
Sepatu yang dijual di sana kebanyakan baik buatan lagi murah harganya juga.
<門倉さん>
Sepatu yang terjual di sana kebanyakan buatan baik lagi harganya pun  murah.

<小波津さん>
Sepatu yang terjual di sana kebanyakan buatan baik lagi harganya murah.

<貝淵さん>
Sepatu yang dijual di sana kebanyakan buatan bagus lagi harganya murah.

2016年6月13日月曜日

Pelajaran 3: Di Dapur 第三課 台所で

Pelajaran 3: Di Dapur


Tuti baru pulang dari sekolah.
Ia menyimpan tasnya baik-baik.
Lalu menolong ibunya di dapur.
Senang benar ia bekerja di sana.
Adiknya masih kecil.
Sudin namanya.
Ia mengganggu ibunya saja di dapur.
Ti, ajak Sudin bermain! kata ibunya.
    Ayahmu hampir pulang dari kantor.
    Makanan belum selesai.
Tuti membawa adiknya bermain-main ke kamar.


<和訳>

ツティは学校から帰ったばかりです。
かばんをきちんとしまいました。
すぐに台所のお母さんを手伝いました。
ツティはとても楽しそうに台所で働いています。
弟はまだ小さいです。
スディンという名前です。
台所でお母さんの邪魔ばかりしています。
「ツティ、スディンを誘って遊びなさい!お父さんはもうちょっとしたら会社から帰って来るよ。食事の支度がまだできてないわ。」とお母さんが言いました。
ツティは弟を部屋へ遊びに連れて行きました。