2021年9月19日日曜日

(2) Candi Borobudur (その2)ボロブドゥール寺院

(2) Candi Borobudur (その2)ボロブドゥール寺院

   Borobudur dibangun menjelang akhir abad kedelapan oleh seorang raja ketika Jawa Tengah menjadi pusat kerajaan Syailendra.  
ボロブドゥールは、中部ジャワがシャイレンドラ王朝の中心地であった時、一人の王様によって八世紀末頃に建てられた。

<Dafter Kata 語彙>
menjelang 頃 = (4) hampir ほとんど
anut, menganut (宗教を)信ずる

Pada masa itu agama Buddhalah yang khususnya dianut dinasti Jawa tersebut.
その当時、特に仏教がそのジャワの王朝で信仰されていたのです。

<Dafter Kata 語彙>
dinasti 王朝 (英 = dynasty)
古代マタラム王国 Mataram kuno →シャイレンドラ王国 Syailendra→クディリ王国 Kediri→シンガサリ王国 Singasari→マジャパヒト王国 Majapahit→マタラム王国 Mataram・バンテン王国 Banten

Sebagai pemujaan terhadap sang Buddha, rakyat dikenakan darma-bakti untuk mendirikan bangunan suci itu.
仏陀に対する崇拝として民衆はその聖なる建造物を建設する勤労奉仕を課せられた。

<Dafter Kata 語彙>
puja, memuja 崇拝する、崇める
darmabakti 勤労奉仕 = perbuatan untuk berbakti (kepada negara, agama, dan sebagainya)
peras, memeras 搾り出す, memeras keringat = bekerja keras

Seiama bertahun-tahun, ribuan bahkan puluhan ribu rakyat memeras keringat memberikan tenaganya.
何年もの間、数千人、いや数万人の民衆は汗水流して勤労奉仕した。

Hasil jerih-payah yang luar biasa itu tercerminkan pada candi yang bukan saja mengandung makna keagamaan yang penting, melainkan juga merupakan keagungan seni yang tiada taranya.
その尋常ではない苦労と困難の賜物はボロブドゥール寺院に反映されている。その寺院は重要な宗教的意味をもつのみならず、芸術的偉大さは他に匹敵するものがない。

<Dafter Kata 語彙>
tercerminkan 映し出された、反映された(意図せずに)
makna 意味
jerih 疲労、苦労
payah 疲れ、困難
tara 同等の、匹敵する 
tiada taranya = tidak ada bandingnya 比類のない、比べるもののない
agung 偉大、崇高
Gunung Agung 旭屋みたいな大きな本屋

 

 https://www.youtube.com/watch?v=m96_7D_MhqY

BAB 3 PROSES MASUK DAN BERKEMBANGNYA
AGAMA KEBUDAYAAN HINDU-BUDHA
DI INDONESIA

第三章 インドネシアに於けるヒンドゥー教・仏教とその文化の流入と発展の過程
Kerajaan Mataram Kuno
Terdiri 2 Dinasti yaitu Sanjaya (Hindu)
dan Syailendra (Budha)

古代マタラム王国は二つの王朝から成る、即ちサンジャヤ王朝(ヒンドゥー教)とシャイレンドラ王朝(仏教)


2021年9月17日金曜日

(1) Candi Borobudur (その1)ボロブドゥール寺院

 


(1) Candi Borobudur (その1)ボロブドゥール寺院

   Tidak dapat disangkal bahwa Borobudur tergolong salah satu karya seni yang tertinggi di dunia. Maka tidaklah mengherankan kalau hampir setiap pengunjung ke Indonesia ingin melihat candi itu dari dekat.
ボロブドゥールが世界最高の芸術作品のひとつに分類されるということを否定することは出来ない。従って、インドネシアを訪れるほとんどの人がその寺院を近くから見たいとしてもなんら驚くに値しない。

<Dafter Kata 語彙>
sangkal, menyangkal を否定する
tergolong に分類される、の分類に入る = termasuk dlm golongan 集団 = group

   Karya yang megah itu letaknya kurang lebih 40 kilometer di sebelah utara Yogyakarta di dataran tinggi Kedu yang subur kehijau-hijauan dengan pohon kelapa dan sawah.
その壮麗な建造物は、ヨグヤカルタの北およそ40Kmの
肥沃で椰子の木や水田で緑豊かなケド高地にある。

<Dafter Kata 語彙>
megah 威風堂々たる、壮麗な、豪華な =  tampak mengagumkan (karena besarnya, indahnya, dan sebagainya)
letak に位置する
daratan 陸地
subur 土地が肥えた、肥沃な
hijau, kehijau-hijauan 青々とした
kelapa 椰子

Alam sekelilingnya memang menimbulkan suasana keramat: selain gunung Jambu dan Menoreh, tak jauh dari tempat ziarah umat Buddhis itu terletak tempat pertemuan dua sungai, yakni sungai Progo dan Elo.
周辺の自然はもちろん神聖な雰囲気を漂わせている。ジャンブーとムノレ山の他に、その仏教の聖地(= ボロブドゥールのこと)から遠くない所にプロゴとエロのふたつの川の合流地点がある。

<Dafter Kata 語彙>
keramat 神聖な
tempat ziarah 聖地、巡礼地

2021年8月28日土曜日

Rasa Sayange という歌は、なぜ「サヤン」じゃなくて「サヤンゲ」なのか?

Rasa Sayange という歌は、なぜ「サヤン」じゃなくて「サヤンゲ」なのか?
https://santai62.blogspot.com/2021/08/rasa-sayange.html

この歌は以前マレーシア政府が自国の歌であるとして、観光宣伝用に広く使った。しかし、インドネシア政府がこれはインドネシアの歌だと主張して論争になった。結局、インドネシア側が古い録音されたものを発見して、それが証拠として出たため決着がついた。するとマレーシア側がインドネシアとマレーシアの両国の歌だと再び主張した。しかし、サヤンゲというマルク地方の方言が歌詞にあるのでインドネシアの歌であることが再び証明された。

Lagu Rasa Sayange memiliki unsur bahasa Melayu Maluku (bahasa Melayu Maluku Utara atau bahasa Melayu Ambon), yakni khususnya pada akhiran -e.

<愛しいを意味するインドネシア語は sayang であって、sayange ではない。sayange はマルク地方の方言なのだ。サヤンではなくサヤンゲ> 

Rasa Sayange の歌には、特に接尾辞 e が付くというマルク地方のマレー語(北マルク地方のマレー語またはアンボンのマレー語)の要素がある。

Akhiran ini adalah akhiran yang dikenal dan digunakan dalam bahasa Melayu Maluku.
この接尾辞は、マルク地方のマレー語で使われ、よく知られている接尾辞である。

Akhiran ini juga dipakai di beberapa kata lainnya seperti, Ambon Manise atau Nona Manise.
この接尾辞 e は、また Ambon Manise とか Nona Manise などのように幾つかの単語にも使われている。 

Akan tetapi, pada lirik lagu Rasa Sayange gubahan Malaysia, akhiran -e diganti dengan hey sehingga menjadi Rasa Sayang Hey.[6]
しかし、マレーシア版「Rasa Sayange」の歌詞では、接尾辞 e は hey に替えられた。そのため Rasa Sayang Hey になった。

<Perbendaharaan Kata 語彙>
unsur 要素
gubahan アレンジされた曲、編集された歌詞 = susunan lagu
rekaman レコードなどに録音されたもの
dirilis(英release)一般公開、発表、発売


Kontroversi Lagu Rasa Sayange
ラサ・サヤンゲ論争

https://id.wikipedia.org/wiki/Rasa_Sayange

Lagu ini digunakan oleh departemen Pariwisata Malaysia untuk mempromosikan kepariwisataan Malaysia, yang dirilis sekitar bulan Oktober 2007.
この歌はマレーシア観光局によりマレーシアの観光振興の宣伝のため利用され、2007年10月頃に発表・一般公開された。

Sementara Menteri Pariwisata Malaysia Adnan Tengku Mansor mengatakan bahwa lagu Rasa Sayange merupakan lagu kepulauan Nusantara (Malay archipelago), Gubernur Maluku Karel Albert Ralahalu bersikeras lagu "Rasa Sayange" adalah milik Indonesia karena ia merupakan lagu rakyat yang telah membudaya di provinsi Maluku sejak leluhur, sehingga klaim Malaysia itu adalah salah.
マレーシア観光大臣、アドナン・トゥンクー・マンソールは「ラサ・サヤンゲ」の歌はヌサンタラ(マレー群島のこと)の歌であると言った。マルク州知事、カレル・アルベルト・ララハルは、「ラサ・サヤンゲ」の歌はマルク地方の豊かな文化に根ざした先人から受け継がれた民衆の歌であるので、インドネシアのものであり、従って、マレーシアの主張は間違っている、と断固として言った。

Gubernur melihat bukti otentik bahwa lagu Rasa Sayange merupakan lagu rakyat Maluku, dan setelah bukti tersebut terkumpul, akan diberikan kepada Menteri Kebudayaan dan Pariwisata. Menteri Pariwisata Malaysia Adnan Tengku Mansor menyatakan bahwa rakyat Indonesia tidak bisa membuktikan bahwa lagu Rasa Sayange merupakan lagu rakyat Indonesia.
知事は、ラサ・サヤンゲはマルク民衆の歌であるという本物の証拠を見て、その集めた証拠を文化観光大臣にお送りする、と言った。マレーシア観光大臣、アドナン・トゥンクー・マンソールは、インドネシア国民はラサ・サヤンゲがインドネシア国民の歌であるということを証明できない、と表明した。

Bagaimanapun, bukti tersebut akhirnya ditemukan. 'Rasa Sayange' diketahui direkam pertama kali di perusahaan rekaman Lokananta Solo 1962.
いずれにしても、結局その証拠は発見された。1962年にソロのロカナンタ・レコード会社で初めて録音されたものが「ラサ・サヤンゲ」だったのだ。

Pada tanggal 11 November 2007, Menteri Kebudayaan, Kesenian, dan Warisan Budaya Malaysia, Rais Yatim, mengakui bahwa Rasa Sayange adalah milik Indonesia.
2007年11月11日、マレーシア文化・芸術・文化遺産大臣、ライス・ヤティムは、ラサ・サヤンゲがインドネシアの所有物であると認めた。

Namun, ada beberapa sumber yang mengatakan bahwa Malaysia menyebutkan bahwa mereka mengakui bahwa Rasa Sayange adalah milik bersama, antara Indonesia dan Malaysia.
とは言え、マレーシアはラサ・サヤンゲはインドネシアとマレーシアの両国の共同所有物であると述べたと言う情報源もいくつかかあった。

Lagu Rasa Sayange memiliki unsur bahasa Melayu Maluku (bahasa Melayu Maluku Utara atau bahasa Melayu Ambon), yakni khususnya pada akhiran -e.
ラサ・サヤンゲの歌には、特に接尾辞 e が付くというマルク地方のマレー語(北マルク地方のマレー語またはアンボンのマレー語)の要素がある。

Akhiran ini adalah akhiran yang dikenal dan digunakan dalam bahasa Melayu Maluku.
この接尾辞は、マルク地方のマレー語で使われ、よく知られている接尾辞である。

Akhiran ini juga dipakai di beberapa kata lainnya seperti, Ambon Manise atau Nona Manise.
この接尾辞 e は、また Ambon Manise とか Nona Manise などのように幾つかの単語にも使われている。 

Akan tetapi, pada lirik lagu Rasa Sayange gubahan Malaysia, akhiran -e diganti dengan hey sehingga menjadi Rasa Sayang Hey.
しかしながら、マレーシア版「Rasa Sayange」の歌詞では、接尾辞 e は hey に替えられた。そのため Rasa Sayang Hey になった。

Tentang bukti rekaman "Rasa Sayange", bukti lagu tersebut direkam oleh Lokananta, Solo, Indonesia pada tahun 1962 dalam piringan hitam Gramophone.
「ラサ・サヤンゲ」が録音された証拠に関しては、1962年にソロ市にあるロカナンタ社によりグラモフォンのレコードに録音されたものが証拠である。

Rekaman master dari piringan ini masih disimpan oleh Perum PNRI Cabang Surakarta yang dahulunya adalah PN Lokananta.
このレコードの原盤は、いまもにインドネシア共和国国家印刷公社スラカルタ支所(ここは以前、ロカナンタ地方裁判所だった)に保管されている。

<Perbendaharaan Kata 語彙>
rekaman 録音されたレコード等
unsur 要素   Bagaimanapun いずれにしても
Perum = Perusahaan umum adalah salah satu jenis perusahaan yang dimiliki atau berada dalam kepemilikan badan usaha milik negara.
PNRI = Percetakan Negara Republik Indonesia
PN = Pengadilan Negeri (biasa disingkat: PN) merupakan sebuah lembaga peradilan di lingkungan Peradilan Umum yang berkedudukan di ibu kota kabupaten atau kota.


<Terjemahan oleh Yamada 翻訳・山田>

 

 Tourism Malaysia