2017年10月15日日曜日

歯が痛い KARANGAN 12 インドネシア語作文課題(宿題)十二  (22 Oktober 1976)

(12-1) Amir は右手で顎(あご)を抑えていた。

Amir sedang memegang dagunya dengan tangan kanannya.

「~している」 「~していた」 なので sedang を動詞の前につける。
*Arai君とKawashimaさんが正解した。

(12-2) それを見て Hasan は「Amir、どうしたの?」とたずねた。

Melihat itu, Hasan bertanya: "Mengapa, Mir?"

Mengapa, Mir?  アミール、何してんねん? アミール、どないしてん?
*Yoshizaki君が正解した。

(12-3) 「歯が痛いんだよ?」と、Amir は答えた。

"Gigi saya sakit," jawab Amir.

sakit 痛い 病気

Ma... Tolonglah     ママ、おねがい
Tolong katakan padanya 彼に言って
Hari ini aku sakit   今日わたしは病気なの
Sakit gigi sakit perut 歯が痛いし、おなかも痛い
Juga sakit kepala   
頭痛もする
(歌謡曲 "Lima Menit Lagi" 「あと5分待って」より) 

http://santai62.blogspot.jp/2016/12/lima-menit-lagi.html


*KadokuraさんとYamadaが正解した。

(12-4) 「もう歯医者にみてもらったの?」

"Sudah diperiksa oleh dokter gigi?"

diperiksa oleh ~に診察してもらう。 英語の受動態とほぼ同じ。 be examined by a doctor
*Kohatsuさんが正解した。

(12-5) 「まだだよ。歯医者なんか大嫌いだ。」

"Belum. Dokter gigi tidak saya suka sama sekali."  

sama sekali まったく 全然
Saya tidak suka dokter gigi sama sekali. を倒置法の文にするのが味噌やね。 倒置法にして「歯医者なんか大嫌いだ」と強調する。tidak の位置が重要だ。
*正解者なし。

(12-6) いそいで治療しないと、痛みはだんだんひどくなります。

Kalau tak lekas diobati, sakitnya bertambah keras.

keras きつい ひどく
bertambah 増す
*KawashimaさんとYamadaが正解した。


 
Manis Manja Junior - Lima Menit Lagi



2017年9月22日金曜日

「白い鳩」 アンディ・メリアム・マッタラッタ "Burung Merpati" yang dinyanyikan oleh Andi Meriam Mattalatta (1978)

BURUNG MERPATI

Penyanyi: ANDI MERIAM MATTALATTA 


Andaikan aku burung merpati

Yang dapat terbang terbang tinggi

Kan kucari sampai aku temui

Cintaku cintaku


Sekarang aku tak mau lagi

Dilanda sakit sakit hati

Walau apa akan jadinya nanti

Ku tak perduli


Ku ingin pergi sebebas merpati

Oh bahagia

Tak lagi kau dapat sakiti

 

Betapa senang hatiku ini

Riang 

Tak lagi besedih hati


Awan putih menemani diriku

Hilang duka di hatiku 

 

<Terjemahan oleh Yamada 翻訳・山田>

「白い鳩」      歌・アンディ・メリアム・マッタラッタ

もしも、わたしが大空高く飛べる白い鳩なら
わたしの愛に出会うまできっと探してみせる
でも今は心の痛みに打ちのめされるのはもういやだ
これから先どうなっても、そんなのどうでもいい
鳩のように自由に飛んで行きたい
ああ、なんてしあわせ
もうおまえなんかに悩まされることもない
ああ、なんて楽しいんだ
愉快、愉快
もうちっとも悲しくなんかない
白い雲がわたしのお供をしてくれる
こころの中の悲しみが消える

 
Andi Meriam Mattalatta & Band: Musica Nada (1978)

2017年9月12日火曜日

オバマ大統領はインドネシア語ができる Presiden Obama bisa berbahasa Indonesia.

米国のオバマ大統領は、子供の頃インドネシアに住んでいたのでインドネシア語ができる。お母さんの再婚相手はインドネシア人で、名前はロロ・ストロという。インドネシア訪問時、大統領は英語の演説の中でインドネシア語を少し使い、インドネシアの聴衆にすごく受けていた。ユーチューブで今でも見れる。

Pidato Presiden Obama di Indonesia

オバマ大統領の演説の中に出てくるインドネシア語:

"Indonesia bagian dari diri saya." インドネシアは私自身の一部です。
"Loro Soetoro"  ロロ・ストロ、オバマ大統領の二番目のお父さんの名前
"Sarinah" サリナ百貨店
"Becak" 人力車
"Bemo" ダイハツ・ミゼットの乗り合いオート三輪
"Menteng Dalam" メンテン・ダラム、地名
"Sate" サテ、甘辛いピーナッツソースだれの焼き鳥
"Bakso" バソ、ミートボール・スープ
"Bakso, Sate. Enak ya." バソ、サテ、うまいネ。
"Bhinneka Tunggal Ika" 多様性の中の統一
"Sebagai penutup saya mengucapkan kepada saudara rakyat Indonesia terima kasih atas ... terima kasih. Assalam alaikum." 
結びの言葉として、私はインドネシアの人々・兄弟にありがとうございますと述べさせて頂きます。ありがとうございます。アッサラーム・アライクム(あなたがたに平安がありますように!とういう意味のアラビア語。インドネシアのイスラム教徒がよく使う挨拶)。
* Bhinneka Tunggal Ika (= Berbeda-beda tetapi tetap satu)
「ビネカ・トゥンガル・イカ」は古代ジャワ語。インドネシア共和国の国是・モットーであり、金色のガルーダの国章・紋章にもしっかりと書かれている。英語では「Unity in Diversity」と訳され、日本語では「多様性の中の統一」と訳されている。宗教や民族や考え方や文化や地理や言語や人種や性別など、みんな色々違うけど、ばらばらにならず、いっしょになかよくやっていこう、という考え方と私は解釈している。


* インドネシア語で ca は「チャ」と発音するが、英語では ca は「カ」と発音するので、オバマ大統領は英語につられて mengucapkan を「ムングカプカン」と発音している。