2016年8月29日月曜日

<発音> Pelajaran 6: Awan

http://santai62.blogspot.jp/2016/07/pelajaran-6-awan.html
今回は、第六課の「雲」をロボット先生に音読して頂きました。
Musim hujan sudah mulai. 
Hari selalu mendung. 
Awan hitam berkejar-kejaran di langit ditiup angin. 
Mengapa awan2 hitam ini cepat jalannya, ayah?” 
tanya si Amir kepada ayahnya. 
 Awan hitam ini rendah, jawab ayahnya. 
Jadi jelas kelihatan ia bergerak. 
Inilah yang disebutkan awan hujan.
Yang putih2 sebagai kapas bagaimana, ayah?
 Awan putih itu tinggi2 dan tidak membawa hujan.
 Mengapa ia tidak bergerak? tanya si Amir lagi.
 Bergerak juga, 
hanya tidak secepat awan hitam tampaknya.
 Lihatlah berapa cepatnya awan hitam itu.
 Sebetar lagi tentu hujan turun. kata si Amir. 
Anginpun sudah kencang benar.
 Biar lekas hujan turun. kata ayahnya.
 Bukan main panasnya hari kurasa.
video


2016年8月14日日曜日

<発音> Pelajaran 1: Amir, Tuti, dan Hasan


http://santai62.blogspot.jp/2016/07/pelajaran-1-amir-tuti-dan-hasan.html
インドネシアのロボットの先生に音読してもらいました。発音の参考にしてください。


Ayah Amir petani.
Pagi-pagi ia sudah ke sawah.
Amir pergi ke sekolah.
Ia duduk di kelas dua. 
Di jalan ia bertemu dengan Hasan.

Hasan teman Amir. 

Kedua anak itu sekelas. 

Kata Hasan, 

Mari kita lekas ke sekolah, Mir! 

Hari masih pagi. 

Kita bermain-main di sana. 

Jawab Amir, 
Baiklah! 
Kita jemput Tuti dulu. 
Nanti bertiga kita bermain-main. 
Tuti anak paman Amir. 
Ia murid kelas dua juga.


video




2016年8月13日土曜日

<解説> Kedua anak itu sekelas.

Kedua anak itu sekelas. Kata Hasan, Mari kita lekas ke sekolah, Mir! 
Hari masih pagi. Kita bermain-main di sana. Jawab Amir, Baiklah! 
Kita jemput Tuti dulu. Nanti bertiga kita bermain-main. Tuti anak 
paman Amir. Ia murid kelas dua juga.
二人とも同じクラスです。「アミール、早く学校へ行こう!まだ朝早い。学校で遊ぼう。」とハサンは言いました。「いいよ。まずツティを迎えに行こう。それから三人で遊ぼう。」とアミールは答えました。ツティはアミールのおじさんの子どもです。ツティも二年生です。
 
<単語>
lekas 早く はやい = cepat
Ayo lekas bangun! = Ayo cepat bangun! 早く起きろ!(=はよ起きんかい!)
mari kita (=英語の Let's) さあ~しよう
Mari kita makan gado-gado. ガドガド食べよう。
masih まだ~である
sana むこう 
juga も また 同じく
 
<文法>
Kedua anak itu sekelas.
kedua anak itu その子供二人とも
ketiga anak itu その子供三人とも
itu で限定・特定している。英語の the みたいなもの。
se 「同じ」を意味する接頭辞 sekelas 同じクラス
 
Nanti bertiga kita bermain-main  
kita 話を聞いている相手方・ひとも含めた「私たち
kami 話を聞いている相手方・ひとを含まない「私たち」
kita bertiga 私たち三人とも
Kami (= saya dan isteri saya) berdua saling mencintai. 私たち夫婦二人とも互いに愛し合っています。
Kita lekas (pergi が省略されてる) ke sekolah. 

2016年8月12日金曜日

Gaya Berhitung Ala Jakarta ジャカルタ式値段の言い方

Satu Cepek Jigo kalo beli dua cuma Nopek doang!
ひとつやったら125円やけど、ふたつ買うてくれたら200円でええで!
http://www.kompasiana.com/deditaba/menghitung-duit-ala-jakarta_5512a9428133116179bc5fac
 
Warga Jakarta memang punya keunikan tersendiri dalam melakukan 
perdagangan, Walaupun bukan orang Cina tetapi sudah menjadi tradisi 
untuk melakukan perdagangan dengan bahasa Cina (Hokian). Bagi Anda yang 
ingin tinggal atau berencana ke Jakarta maka anda harus memahami bahasa 
gaul ini jika tidak anda akan terbengong malah mungkin bisa dikibulin. 
Sebutan cepek misalnya lebih populer untuk menyebut uang dengan nilai 
nominal Rp100 dari pada seratus rupiah, atau Gocap untuk lima puluh dan 
lain-lain. Gaya berhitung ala Jakarta ini dapat ditemukan mulai dari 
pedagang kaki lima sampai dengan pedagang di Mal Mangga Dua, Pasar Baru, 
Glodok hingga Seantero Jakarta. Maka disarankan agar pendatang baru 
untuk dapat menguasai gaya berhitung ini. berikut panduan dalam 
berhitung dagang ala warga Jakarta: Nilai = sebutan 25 = Jigo, 
50 = Gocap, 100 = Cepek, 125 = Cepek Jigo, 150 = Pek go, 200 = Nopek, 
225 = Nopek Jigo, 250 = Nopek Go, 300 = Sapek, 500 = Gopek, 1000 = Seceng


doang(ジャカルタ方言 = hanya, saja 
(例文)Malam ini kita disuguhi kopi doang tanpa kue.
今夜はお茶うけのお菓子もなくコーヒーだけ出してくれはった。
suguh もてなす ごちそうを出す
suguh = menghidangi  
menyuguhkan = menghidangkan kepada
disuguhi = dihidangi
warga kota 市民
keunikan = ke + unik + an unik(= 英語 unique)ユニーク
bahasa Cina (Hokian) 中国語(福建語)
gaul 付き合い 社交
terbengong(ジャカルタ方言 ぽかんとする
bengong(ジャカルタ方言 だまり込む
mengibul だます  kibul だまし、うそ
dikibulin = ditipu だまされる
nominal(英語) 額面の
ala ~式の 
hitung 数える 計算する
saran 提案  → menyarankan 提案する
pandu 道案内 → panduan ガイド
 
ジャカルタ市民は商取引を行う際、独特のユニークさがもちろんある。中国人ではないけれど、中国語(但し北京語ではなく福建省の方言)で商取引をするのが伝統になってしまった。ジャカルタに住むか行く予定があるなら、その言葉が分からずぽかんとしたり、それどころか買い物でだまされたりしないように、この日常よく使われる言葉を覚えなければならない。例えば、100ルピアなら「スラトゥス・ルピア」と言うより「チェッペ」(= 福建語で壱百)と言うことのほうが多い。50ルピアなら「リマプル」より「ゴチャップ」(= 五十)と言う方が多いなどである。ジャカルタ式の数字の呼び方は、道端の露天商からマンガ・モール2、パサル・バル、グロドック、セアンテロ・ジャカルタまで通用する。したがって、新しくジャカルタに来た人は、買物の際、この数字の呼び方が分かるようにしたほうがよい。ジャカルタ市民風の値段の数字の言い方のガイドは次のとおりだ。
 
数字 = 発音・言い方
25 = Jigo 
50 = Gocap 
100 = Cepek 
125 = Cepek Jigo 
150 = Pek go 
200 = Nopek 
225 = Nopek Jigo 
250 = Nopek Go 
300 = Sapek 
500 = Gopek 
1000 = Seceng
 
(Terjemahan oleh Yamada  翻訳 山田)

2016年8月11日木曜日

<解説> Ia duduk di kelas dua.

Ia duduk di kelas dua. Di jalan ia bertemu dengan Hasan. Hasan teman Amir.

アミールは二年生です。道でハサンと会いました。ハサンはアミールの友だちです。
 
<単語>
 
duduk すわる 座る
di ~に (場所を表す前置詞)
kelas クラス 学年
dua 2
jalan 道
bertemu 会う
dengan ~と
Hasan ハサン(男の名前)
teman 友達
bangku 長いす
 
<文法>
 
Ia duduk di kelas dua.
kelas dua は二年の学級・クラス。直訳すると「彼は二年のクラスに座っています。」だ。もっと詳しく言うと Ia duduk di bangku kelas dua. 二年のクラスの席に座っている。つまり「二年生です。」


数字は、 
1 satu, 2 dua, 3 tiga, 4 empat, 5 lima, 6 enam, 7 tujuh, 8 delapan, 9 sembilan, 
10 sepuluh, 11 sebelas, 12 dua belas, 13 tiga belas, 14 empat belas, 15 lima belas, 
16 enam belas, 17 tujuh belas, 18 delapan belas, 19 sembilan belas, 
20 dua puluh, 21 dua puluh satu, 22 dua puluh dua, 23 dua puluh tiga, 
24 dua puluh empat, 25 dua puluh lima ~ 30 tiga puluh, 31 tiga puluh satu

ジャカルタの道端で買物をする時、「これなんぼ?」Ini berapa? と聞くと、25ルピアだと dua puluh lima と答えが返ってくることはまずなかった。だいたい dua lima ji go 
だ。ji go は、音で類推して分かるように「二五」だ。「五十」は go cap だ。ジャカルタのチサダネにある YMCA で空手を習ってた時、「Satu, Dua, Tiga.」と号令を言う時、間違って Satu, Dua, Lima. と言って、みんなに笑われてしまった。YMCA のことはインドネシアでは IMKA = Ikatan Kemasehian Kepemudaan Am)という。
 
Di jalan ia bertemu dengan Hasan.
di jalan 道で。betermu dengan~ ~と会う。
 
Hasan teman Amir.
teman は友、日本語と似てる。teman Amir アミールの友だち。日本語と語順は逆で、修飾語は被修飾語の後ろにくる。

2016年8月10日水曜日

<解説> Pagi-pagi ia sudah ke sawah.

Pagi-pagi ia sudah ke sawah. 朝早くもう田んぼへ行きました。
 
<単語>
 
pagi 朝
pagi-pagi 朝早く
ia 彼、彼女 、三人称、dia
sudah すでに
ke へ
sawah 田んぼ
pergi 行く
 
<文法>
 
Pagi-pagi
pagi2回繰り返すことで「朝」を強調し、「朝早く」となる。
 
ia 
普通、日本語では「彼」とか「彼女」とかは略され、使わない。また、「彼」とか「彼女」とかは違う意味(ボーイフレンドやガールフレンド、恋人など)で使われることが多いので、なおさら訳さない。
 
sudah
もうすでに~した、という意味。インドネシアの挨拶はいろいろあるが、日本語の感覚で「こんにちわ!」つまり Selamat Siang! という人はあまりいなかったように思う。東京でインドネシア人の先生が授業が終わって帰る時、生徒に Selamat Siang! と言ってたので日本人の私たちはあれ?って感じだった。ちなみに、Sudah makan? (= ご飯食べた?中国語の吃飯了嗎?と同じ)は質問というよりあいさつみたいだったと思う。まぁ、40年前の話なので今はどうなのか知らないけど。私は最初なんでみんなおんなじことばっかりきくんかなぁと思った。「Belum まだやけど」と答えたからといっておごってくれるわけではないし、単なるあいさつやったわけや。
 
ke sawah. 
本来は pergi ke sawah だけど、pergi (行く)が省略されている。インドネシア語はsingkatan(略語)もそうだけどやたら省略するのが好きみたい。いや、むしろこの場合pergiがないほうが自然で普通だ。道で知り合いにあうと Mau ke mana? (= どこ行くの?)もよく聞かれた。これもあいさつみたいなものだろう。したがって Jalan-jalan saja. とテキトーに答えてた。ちなみに、スンダ(=西ジャワ)では、Mau ke mana? は Bade ka mana? と言う。

2016年8月8日月曜日

<解説> Ayah Amir petani.

Ayah Amir petani. アミールのおとうさんはお百姓さんです。
http://santai62.blogspot.jp/2016/07/pelajaran-1-amir-tuti-dan-hasan.html
 
<単語>
 
ayah 父親 おとうさん
ibu 母親 おかあさん
Amir アミール(男の名前)
petani 農民、お百姓さん
kata dasar 語根
awalan 接頭辞
akhiran 接尾辞
singkatan 略語
kata benda 名詞
kata kerja 動詞
 
<文法>
 
Ayah Amir
インドネシア語は修飾する語順が日本語や英語と逆になる。これをDM原則という。
Yang diterangkan di depan dan yang menerangkan di belakang. 説明されるものは前に、説明するものは後ろに置く。例えば、日本語の「あの白いネコ」は、インドネシア語では「ネコ・白い・あの」になる。すなわち、kucing putih itu になる。
「アミールのおとうさん」は「おとうさん・アミール」で ayah Amir になる。
所有格の変化はないので、「アミールのおとうさん」は「おとうさん・アミール」になる。「わたしのネコ」は「ネコ・わたし」になる。すなわち、kucing saya になる。
問題:あの白い猫は私の猫だ! 答え: Kucing putih itu kucing saya!
どうしても所有格を使いたいという時は、 punya を使って、Kucing putih itu saya punya kucing. になる。この場合の punya は中国語の「的」に相当するみたい。
サラワク(ボルネオ)にクチンという町があるが、行ったことないけどネコが多いのかなぁ。ちなみに、マラソン走者であり芸人である猫ひろしの国籍はカンボジアだが、行った人の話によると、カンボジアにはやはり「かぼちゃ」が多かったそうだ。かぼちゃの語源はカンボジア。
 

petani
語根(kata dasar) tani
接頭辞(awalan) pe を付けると petani 農民、お百姓さん。
接頭辞 pe は、語根の事柄をする道具や人を表すのに使用。
接頭辞(awalan) per 接尾辞(akhiran) anを付けると pertanian 農業。
Proyek Pertanian DGI インドネシアキリスト教会協議会・農業プロジェクト
DGI = Dewan Gereja-gereja di Indonesia の略語(singkatan)
singkatan は singkat(= 短い)+an  短くされたもの、すなわち略語。
 
Ayah Amir petani.
「アミールのおとうさん・お百姓さん」で、「アミールのおとうさんはお百姓さんです。」を意味する。インドネシア語では日本語の「~です」や英語のbe動詞に相当するものは一般に用いない。どうしても日本語の「~です」や英語のbe動詞みたいなものを使いたいという時は、adalah を使う。Ayah Amir adalah petani.

Petani menanam padi di sawah.

2016年8月3日水曜日

Begadang II - Rhoma Irama オマ・イラマ

BEGADANG II 夜を明かそう 2(曲名)
           Rhoma Irama オマ・イラマ(歌手名)
 
Apa artinya malam Minggu
土曜の夜に何の意味があるんだ
Bagi orang yang tidak mampu
俺たちカネのない者にとって
Mau ke pesta tak beruang
宴会に行きたくてもカネがない
Akhirnya nongkrong di pinggir jalan
結局、道端で座り込むだけだ
 
Begadang marilah kita begadang
さぁ、ここで夜を明かそう
Begadang sambil berdendang
歌いながら夜を明かそう
Walaupun kita tidak punya uang
カネはないけど
Kita juga bisa senang
俺たちだって楽しめる
 
Apa artinya malam Minggu
土曜の夜に何の意味があるんだ
Bagi orang yang tidak mampu
俺たちカネのない者にとって
Mau ke pesta tak beruang
宴会に行きたくてもカネがない
Akhirnya nongkrong di pinggir jalan
結局、道端で座り込むだけだ
 
Bagi mereka yang punya uang
あいつらカネのある奴らは
Berdansa-dansi di night club
ナイトクラブでダンスざんまいだ
Bagi kita yang tak punya uang
俺たちカネのない者は
Cukup berjoget di sini
ここで踊れば十分だ
 
Bagi mereka yang punya uang
あいつらカネのある奴らは
Makan-makan di restoran
レストランで食べまくりだ
Bagi kita yang tak punya uang
俺たちカネのない者は
Makannya di warung kopi
コーヒー屋台でめしを食う
 

(Terjemahan oleh Yamada  翻訳 山田)